もっぱら夜型

東京23区・女の楽しい一人暮らし。合言葉は、のんびり・ゆったり・チルアウト。

ネガティブな感情から離れるために行っている方法

 

f:id:marinomura:20190530204729j:plain
  

毎日をご機嫌で過ごせたら、とても幸せなことです。

けれども、なかなか全てはうまくいかないね。

 

様々な人と交流する中でどうしてもストレスを避けられないことや、心にグサッと負の矢が刺さる瞬間があります。

はたまた1人で過ごしていても、自己嫌悪に陥ったり、原因不明の苦しい感情が押し寄せてきたり。

この暗闇はいつ晴れるのか。もやもや、もやもや…

 

しかし、ネガティブな感情にも大切な役割があるのだと思います。

ポジティブ、ネガティブ関わらず色々な感情を経験することによって、人間の創造性は高められ、直感力も鍛えられる。

それから、優しさと思いやりがより深くなる…

 

悲しい苦しい日があっても、それは仕方のないこと。

感情に支配されたり振り回されたりすることなく、上手に付き合っていきたいものです。

 

悲しくて苦しい時、身も心もネガティブ感情と一体化してしまわず、ちょっと距離を置くことができれば、より良いかもしれません。

 

ちょっと分かりにくい表現になりますが、「私は悲しい」ではなくて「悲しみを感じている私がいる」と捉えてみる。

そうすると、ネガティブな感情は心の中で少しずつ小さくなっていき、平穏な日常に戻ることができます。

 

そうは言っても、ネガティブ感情と距離を取るのは中々難しい。

そんな悲しい、苦しい時に、私が実践している方法をご紹介します。

 

 

  1. 目をつぶって胸に手を当てて、悲しみ、苦しみを感じている心を意識する
  2. 手を当てていて、胸が苦しみで圧迫されるならば手を離す。
  3. 心の中で、手のひらサイズの自分自身をイメージする。服装は楽ちんなものを着させて。呼吸は自然に任せたままで。
  4. 小さな自分が、心の中でゆったりとしている様子をイメージする。
  5. 実際の手指を丸く、物を包むような柔らかな形にしてみる。
  6. 心の中で小さな自分がゆったりと包まれている様子をしばらく観察する。
  7. そうして観察していると、いつのまにか悲しみ、苦しみは遠のいていきます

 

 こうしていると、苦しい悲しいという感情に満たされることなく、冷静に受け入れることができるようになります。

 

変てこな方法ですが、私の中では今のところ、これが一番効果的。

こっそり誰にも言わずに実践すれば、バレませんから。笑

 

最後に今日はめっちゃ私的なことになりますが、渋谷のキャンドゥで私に笑顔をくれたレジのお姉さん、あなたの笑顔に救われました。

どうもありがとう!

 

   

ブログ村カテゴリ【一人暮らし】に参加しています▼

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ