もっぱら夜型

東京23区・女の楽しい一人暮らし。合言葉は、のんびり・ゆったり・チルアウト。

会話の中の控えめな素晴らしさ、謙虚な美徳。

f:id:marinomura:20190224200415j:plain

 

椿がきれいに咲いていました。

2019年2月24日。

椿の季節も東京ではそろそろ終わりですね。

 

椿はかつて「寿葉木(すはき)」と呼ばれていたという説があります。

葉が落下せず、変わらない木」という意味だそうです。

 

赤い椿の花言葉は、「控えめな素晴らしさ」、「謙虚な美徳」。

なんとも日本人の侘び寂び感がありますね。

 

私は昨夜の女子会で、口元を押さえて「うふふ」笑う友人を「美しいな」と思いながら眺めていました。

その友人はもとから上品ではあるのですが、誰しもちょっとした動作や表情によって、相手への「敬意」や「親愛」を示すことができるよな、と彼女を見て改めて思いました。

 

相手のお話に興味を持って聞くときの視線だとか頷き方とか。

時には身振りを加えたり、声のトーンを相手や雰囲気に合わせたり。

お話を聞いてる際の「控えめな、謙虚な美徳」。

目指したいですね。

 

いつでも明るく微笑んでいられれば、満点なんですけれど、人間だもん、そうもいかない時だってあるのも当然です。

 

でも明日の朝はちょっと意識して、口角あげてにっこり「おはようございます」と言いたいな。

明日は月曜日。

新しい1週間を、良い毎日にしたいから。

 

相手に気持ちよく思ってもらえるように、優しく、ほがらかに。

 

 

ブログ村カテゴリ【一人暮らし】に参加しています▼

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村