もっぱら夜型

東京23区・女の楽しい一人暮らし。合言葉は、のんびり・ゆったり・チルアウト。

自分のお部屋を1番のパワースポットに

巷にはパワースポット、いっぱいありますよね。

東京だと明治神宮や、東京大神宮、新宿御苑に、高尾山 etc

 

私もいくつかお気に入りの神社仏閣があります。

原宿の明治神宮に、大門・浜松町の増上寺、鎌倉の鶴岡八幡宮

有名どころばっかりですけどね。笑

 

時々神社仏閣へお参りすると何となく気分がいいんですよね〜。

パワースポットには朝行くべきなんでしょうけれど、私の参拝頻度はもっぱら「近くを通りがかったついで」です。笑

神様に怒られちゃいそうですよね。

 

f:id:marinomura:20190211214701j:plain

 

いわゆるパワースポットと呼ばれる場所もいいけれど、自分自身のお家を自分だけのパワースポットにしたいな、といつも考えています。

お家はエネルギーを充電させる場所だから。

 

そのために、自分好みのインテリアや雑貨にこだわって、お部屋づくりを日々進化させています。

これぞ一人暮らしの醍醐味!

お家のすべてが自分の城。

ちょっとずつ手を加えて、だんだん暮らしやすくなっていく。

 

ぐっすり眠れる寝具とか、ほっこりできるモコモコの靴下とか、夜リラックスするための音楽とか。

自分のお気に入りばかりを集めて囲まれてみれば、そこは自分だけの1番のパワースポット。

外からお家に帰れば、またぐーんとパワーをチャージできる空間。

 

私はお部屋づくりをそんな風に考えています。

そう考えて買い物しているはずなのに、雑多なものに溢れているのは何でだろ?笑

 

時々、自分には必要なくなったものが紛れて存在していますよね。

お菓子の空き缶だったり、化粧品のダイレクトメールだったり。

それ1つ1つ見るとちゃんとキュンとするんだけど、いくつも集まると途端に雑多な空間に…

なかなかうまくいかないね。

 

例えば、お家に帰ってきて、脱ぎっぱなしの洋服が適当にベッドの上に放置されていたり、朝ごはんの食器がそのまま残っていたり。

そういう状態が絶対にダメって言うわけではないけれど、外出前にちょっと余裕を持って部屋を片付けてみる。

 

雑多なものの代わりに、デスクの上にお花が一輪咲いていたら。

お家に帰ってきた時に、「我が家こそパワーチャージできる場所!」ってホッとできそう。

そんなふうに、お家に帰ってくる喜びを毎日味わえたら幸せだよなと思っています。

 

 

 

ZUTTO