もっぱら夜型

東京23区・女の楽しい一人暮らし。合言葉は、のんびり・ゆったり・チルアウト。

三重・伊勢の旅 朝ごはんは「御饌の朝かゆ」で食べ物の大切さを想う

一泊二日、三重・伊勢の旅。

伊勢神宮・下宮の参拝を終え、やっと朝ごはんです。

 

 

下宮を丁寧にゆっくり参拝して、 伊勢せきや本店2階のあそらの茶屋へ戻って来ました。

18人待ちだったのも、ちょうどよい頃合いで席に着くことができました。

 

お目当の「御饌の朝かゆ(みけのあさかゆ)」です。

 

f:id:marinomura:20190122213539j:plain

 

中央奥の杯はノンアルコールの食前酒(梅)。

それから、地の干物・季節の小鉢・温泉卵・せきやの珍味・子持ちしぐれ・季節の酢の物・おかゆ(左隣の見切れてるのは秘伝のタレ)・赤だし・お漬物・ぜんざい、です。

 

食べ物という意味の「饌(け)」に「御」をつけて「御饌」。

「食べ物は大切で尊いもの」という言葉ですね。

毎日の食事の中で大切な気持ちをついつい忘れがちになってしまう私ですが、ここでしっかりまた意識して、美味しく楽しく、ご飯をいただいていきたいなと思いました。

 

朝の光の中で食べる朝ごはん、とっても美味しかったです。

 

 

伊勢の旅、内宮へとつづきます。

 

 

 

 

 

ちょっと贅沢したい時もホットペッパーでお店検索&オトクなクーポンGET!!